フランス出張時に役立つアイテム8選

ここのところ諸事情がありフランスに来れておりませんでしたが、今回はメゾンエオブジェ(maison et objet)がらみの出張でフランスに来ています。
maison et objetというのは、ヨーロッパで最大規模のインテリアの見本市。
パリのほか、近年はシンガポールでも開催されています。
JETROでも出展に力を入れているおかげで、日本のインテリア業界でも馴染みの高い海外展示会の一つ。
今泊まっているホテルにも日本人の団体客が泊まっているようで、ロビーに集合されてシャトルバスに乗り込む方が多くいらっしゃいます。
 
maison et objetは1週間程度なので、それに合わせて出張を1週間〜10日くらいで組んでいらっしゃる企業や関係者も多いと思います。限られた日数を最大限有効活用するために、フランス出張で役立つものをご紹介したいと思います。
 
 

SIMフリーの携帯

Wi-Fiのレンタルも成田や羽田で加入できますが、なんといっても高いのが玉にきず。1日1万円程度しますからね。
もし、お手元の携帯がSIMフリーのスマホであれば、現地のSIMカードを購入する手段の方が安くあがります。
現地に着いたらリチャージ対応のSIMカードを購入するだけで、日本の携帯番号と現地の携帯番号を二刀使いできます!(いちいちSIMカードを取り替える必要はありますが)。
現地のSIMカードを挿しておけば、滞在中のネット接続も怖くありません。
私はヨーロッパ圏内で使えるオランジュを使用しています。
やり方がわからないようであれば、空港でSIMカード(もしくはチャージ)を買ってスタッフにセットアップをお願いしましょう。
チャージも、タバコやさんやキオスクで「オランジュの●GBのSIMリチャージをください」というと、レシートを渡されてそこにアクセスすれば簡単にチャージできます。
 
ただ、現地のSIMカードを挿している間は日本の電話番号は使えませんのでお忘れなく。
また、夜間など使わない時は、機内モードにしてチャージを大事に使いましょう。
 
 

携帯の充電器

これは国内の出張でも常に携帯していますが、いざという時に充電が切れてて使えないということのないように、充電器を携帯しています。
2回充電可能なバッテリーとかよりも、電池交換型がおすすめ。
自分の携帯のモデルに合う充電器って探すのが面倒ですし、電池交換型であればいざとなれば電池を変えればまた使えます。
 
 

googleマップ

オフラインでも使える貴重なマップです。
日本にいる間に、行く都市のマップはダウンロードしておきましょう。
 
パリのメトロの駅から地上に出ると、意外と道がわから反対側に進んでしまい苦労するもの。
googleマップであれば現在位置と目的地をオンタイムで手助けしてくれます。
私も今回駅からホテルの方角をチェックする際に使いました。
 
 

クレジットカード

フランスはクレジットカード社会なので、できればJCB以外のVISAやMaster,AMEXなど用意しておきましょう。
JCBは日本国内であれば普通に使えますが、街中の店などはまだまだJCB対応でないところも多いです。
カードは、ハンディのカードリーダーで、サインレスが主流です。
4桁のピンコードは必ず覚えておきましょうね。
 
 

エールフランスやJALなどのチェックインカウンターで配っているパリのマップ

googleマップを用意していく人も増えていますが、何かと誰かと待ち合わせしたり、ホテルの人に道を聞いたり、とっさにバスやメトロのルートを調べたり、というときにコンパクトに折りたたまれているパリのマップは重宝します。
チェックインカウンターでもらっておいて損はないですよー。
自分で使わない時は、パリ好きな人へのお土産にしても^^
 
 

リンス(コンディショナー)

いきなり何をいうかという話かもしれないのですが、インターネットでのホテル情報ですと「shampoo」と書かれて安心していると、ボディーソープ兼シャンプーというものを用意されていることが圧倒的に多いのです!(もしくは、ボディーソープとシャンプーのみ)
硬水の洗髪は思いの外髪の毛をパサパサにします。あわてて町の薬局に買いに行ったことも・・
機内持ち込みのシャンプー類は航空法により量が制限されていますが、1週間程度であれば30g程度で大丈夫。
今回は無印良品のクリアケアコンディショナー30gを持っていきました。
 
 

ローションティッシュ

飛行機の中やホテルの中はかなり乾燥しています。
喉をやられてしまったり、鼻風邪をひいてしまったりという時に現地のティッシュを使うと、まあなんとガサガサなことか・・。
そんなときは、保湿のソフトなローションティッシュを携帯することをおすすめします!
大事な商談前に、鼻が赤くならずにすみますよ。
 
 

100円ショップで買った折りたたみスリッパ

わずか100円だというのに、この携帯スリッパが有ると無いとでは快適度は大違い。
往復の飛行機や列車の中で靴を脱いでリラックスできるし、なんといってもホテルの室内ばきにできます。
フランスのホテルの床ってカーペット敷きだったりフローリングだったりしますが、意外と床が汚れています。
特にありがたいのが、お風呂後に素足で室内に戻る時。
このスリッパがあれば足が汚れずに済みます!
そして、十分活躍してもらった後、日本に帰国した時に空港のゴミ箱にポイ。
以前はゴム製のサンダルを持って行ったのですが、足指が二股だとストッキングを履いてた時に不自由だし、持ちはこびにかさばったりするので、折りたためる布製のものに変えました。
なんといっても100円だから、またすぐ補充できますしね。
 
 
女性の出張はできるだけコンパクトに荷物も軽くしておきたいところ。
その中でも、マストと思えるアイテムをご紹介しました。
みなさんの出張が、快適で実り多いものになりますように。