2018年江戸小紋空間デザイン*ダイジェスト

2018年最終日になりました。
というわけで、公私色々とあった2018年を振り返りたいと思います!
 
 

月ごとの振り返り

1月
9歳の甥っ子と地下謎の旅に出かけました。
謎解きは大変だったけど、二人で都心をあちこち回り、楽しかったです。
甥っ子なりに一生懸命謎を解いている姿に、成長を感じて頼もしく思いました。
叔母は突然長い階段をダッシュして階段駆け上り競争を仕掛けたり、買ってあげたアイスをあげるふりして奪って食べたり、満喫しました。
甥っ子は叔母の仕掛けてくるイタズラに気が抜けなかったと思いますが・・笑
 
 
2月
前年の秋から始めた講演会で、確かな手応えを感じたのが広島での講演会。
講演会+グループワークという特殊な形で、すばらしい受講者の皆さんたちに熱心に学んでいただき、私自身大きな励みになりました。
 
 
3月
独立直後からお世話になっていた中小企業診断士の先生から連絡があり、海外旅行のちょっとした記事をセレクトショップのWEBサイトに掲載させていただくことに。
今まであちこち世界を歩いていた経験が生き、また20代の頃、トラベルライターになりたいと思っていた夢が一つ叶いました。
世の中に無駄なことなんて一つもないのだなあと実感。
 
 
4月
住宅内装の仕事が佳境に入り、毎日がしんどかったある日、池上の古民家カフェ蓮月に行ってほっとやすらいだ時間を過ごすことができました。
また、いろんな新米ICさんとの交流を通して、自分の経験を通して何か自分が手伝えることはないだろうかと模索しはじめました。
 
 
5月
インテリアセミナーに中学生の受講者さんが来ることになり、子供でもわかるようなセミナーにしようと中1の姪っ子の助けを借りてセミナーの練習を開始。
多感な年頃の姪っ子にもちょっとでも「ふぅ〜ん、こういう仕事があるんだねぇ。仕事って楽しそうだね」と思ってもらえてよかったです。
 
 
6月
講演会の仕事で四国巡業ツアーがあったり、講演会の仕事も軌道に乗ってきた月でした。
また、旭川デザインウィークに参戦して、旭川で家具の工場をたくさん見学してきました。
昨年秋に名寄に来ていた際「また北海道に来れますように」と願ったことが、半年後に実現することに。
出張時の荷物もコンパクトにして、フットワークが徐々に軽くなっていきました。
 
 
7月
新米ICオンラインサロン開始。
自分の経験や知見を誰かに伝えていくことで、インテリアコーディネーターたちの能力の向上や、この仕事を選んでよかったと思ってもらえたらいいなと思って始めました。
自分が知らなくて苦労したこと、自分が大変だったことが今になって仕事として生きてくるなんて。人生って本当に不思議。
また、独立して初めてのお客様の店舗兼住宅がTVで取材され、オンエアされたのもこの月でした。
 
 
8月
起業家仲間の「まちひとしる」主宰のテルさんと千葉県の茂原で再会し、楽しく話をしたことがとても印象に残っています。
この頃、自分の中でくすぶり続けていたフランス語の語学試験を受けるかどうか迷っていました。
 
 
9月
大好きな料理研究家レイチェル・クーのトークショーに当選し、久しぶりに母校に。
イギリス人のレイチェルがパリでコルドンブルーに留学し料理の道に入った話や、世界的にブレイクするまでのトークショーを聴き、勇気をもらいました。
そしてその勢いで11月のフランス語試験を受けることに。何ごともやってみなきゃね!
 
また、大阪地方を直撃した台風の影響で新幹線が止まってしまい、新大阪の駅の下の待合室まで流れ込む暴風に耐えていたのも今となっては思い出です。今年の自然災害被害に遭われた方、少しでも復興が進んでいますように・・。
 
 
10月
鹿児島での店舗コンサルも思い出深いですが、山口県徳山市で開催された講演会に、なんと20年前の飲み友達がたまたま来てくれて感動の再会を果たしたのが一番嬉しかったです。
また、残念なことに女性ハラスメントで講演会を妨害された経験もしました。
来てくださった他の受講者さんにも嫌な思いをさせてしまい、本当に申し訳なかったです。
世の中にはいろんな人がいるのだなということと、自分の名前で仕事をすることの難しさを感じました。
 
プライベートでは、地元の荒川の河川敷で小学校の同級生たちとバーベキューを開催し、久しぶりの会合をみんなに喜んでもらえたことがいい思い出です。元気もたくさんチャージできました。
 
 
11月
講演会をはじめた1年前に金沢で講演会をしたのですが、1年ぶりにまた金沢で。
1年前の講演会が非常に好評だったことでまた呼んでいただけたことを知り、感激しました。
これからもお客様の期待を超える仕事をして、皆さんに喜んでいただこうと思いました。
また、11月だけでも2回北海道に出張し、今年は3回北の大地に足を延ばすことができました。
 
また、ひょんなきっかけでフランス進出のヒントとなる話を聞くことがでいたのも大きな収穫。
そして緊張のフランス語試験も終了。試験前夜に古いノートを見返していたら、今年亡くなったフランス人の友人からもらった最後のメールを印刷したものがはさまっていました。
フランス語の教師だった友人がきっと応援してくれている、と心強く思いながら、また親友の励ましもあって無事に試験が終わりました。
 
 
12月
お世話になっている某大手ハウスメーカーで担当した物件が、エクテリア・インテリア部門でそれぞれグランプリ、準グランプリを獲得したようで、自分の仕事が評価されることの喜びと責任を感じました。
また、11月に買った逆算手帳、2019年からの始動に向けて着々と準備をしました。
それと同時に今までの活動や方向性の見直しを行い、独立前から続けていた朝活会を卒業することに。
 
そして、嬉しいことに、フランス語の試験は合格でした♪
また来春は次のステップアップを目指します。
 
 
 
総じて見ると、今年は移動も多くバタバタな一年でした。
そのせいか、疲れがとれず10月にはぎっくり腰に・・。
しっかり休み、心と体をリラックスさせないといけないですね。
 
 
あと、地元の友達たちと行った河原でのバーベキューがきっかけで、ソロキャンプ(一人キャンパー)に目覚めまして。
キャンプといっても、デイキャンプですが、気軽に一人でさっといけるスタイルで目指そうと思います。
来年は一人で近所の荒川の河原でお湯を沸かし、コーヒー豆を挽いて、青空の下でコーヒーをくつろぐようなのんびりリフレッシュ時間を大切にしたいと思います。
 
 

おまけ☆今年お邪魔した都道府県ベスト5

今年1年でセミナー・講演会や店舗コンサルタントのお仕事で訪れたのは1都1道1府23県!
なかでも、一番多く出かけた都道府県ベスト5を発表します!
じゃじゃーん!!
1位 新潟4回(五泉 長岡 新発田 湯沢)
1位 愛媛4回(今治 西条 新居浜 四国中央)
1位 青森4回(八戸 深浦 鯵ヶ沢 金木)
4位 茨城3回(牛久 つくばみらい 大洗)
4位 山口3回(新山口 徳山 岩国)
もちろん、行った回数に関係なく、どこのお仕事もそれぞれ思い出深いです。
今年は自然災害が多く、お世話になったところが豪雨や台風の被害を受けたところも多く、皆さんの顔を思い出しながらご無事だろうか・・とハラハラすることも多かったです。
 
個人的な気持ちとしては、新潟と青森と岩手と福島は、我が家の先祖の出身地ということもあって、ご先祖様にも喜んでもらえるようにがんばろうという気持ちで気合いがこもっていたと思います!
(もしかしたら私の背後にズラズラ〜っとご先祖様が並んで応援していたかもしれませんね^^;)
 
愛媛県は、鯛飯の美味しさに帰郷後にお店を探して行ったり、また直後の豪雨災害の被害に心を痛めたり、皆さんご無事だろうかと思いをはせることも多かったです。
 
山口県は、昔の飲み友達との再会や人との出会いが素晴らしく、改めて山口県が大好きになりました。
茨城県では、スタッフの皆様に温かく迎えていただき、震災の話やアニメの話で心を動かされることも多かったです。
 
 
みなさま、呼んでいただきありがとうございました!
またお声がかかれば張り切って参ります!!
 
 
それでは、読んでいただいた皆さんに。今年も読んでいただきありがとうございました。
来るべき2019年が皆さんにとって飛躍の年でありますよう、年の瀬に感謝とともにエールを送りたいと思います。