新米ICが単なる「御用聞き」ではいけない理由

新米ICさんは、インテリアコーディネーター試験に受かったものの、未経験であるがゆえに、ただの「インテリア大好き」の素人レベルの人も多くいます。
 
こうした新米ICさんの打ち合わせを観察していますと、「好きなものをこの中から選んでください」「どれがいいですか?」という、お客様に選択も決定も投げてしまう質問が多く、お客様が選んだ壁紙やカーテンの品番を聞き取って仕様書に書き込むといった、単なる「御用聞き」スタイルが多いんですね。
 
 
・・お客様のご要望をうかがって反映させているのに、なにがいけないの?
と思う新米ICさんも多いことでしょう。
 
 
プロのICとして、何が足りないのか。
一言でいうと「提案力」なんです。
 
 
なぜ、ICが単なる御用聞きスタイルではいけないのかを今日はご紹介しましょう。
 
 

ICには何が求められているのか?

壁紙の品番、キッチンの仕様、カーテンの柄、ソファの張り地・・・
カタログやサンプルがあれば、誰でも調べて選べますよね。
 
乱暴な言い方をすれば、インテリアコーディネーターがいなくても、お客様は商品を選べます。
そのため、工務店でもインテリアコーディネーターがいない会社も多々あります。
インテリアコーディネーターの仕事を、設計士や営業マンが行なっている会社も多々あります。
 
 
では、インテリアコーディネーターがいる会社は、インテリアコーディネーターはなぜ必要とされているの?
そもそも、ICであるあなたには、会社から何が求められているんでしょう?
 
 
新米ICさん自身に、ぜひ一度考えていただきたいところです。
技術?知識?迷っているお客様の背中を押す?・・色々ありますよね。
 
でも私は、「プロとしての責任」が一番求められていると思っています。
 
 
「その空間に、OOが入ったら、こういう空間になる」
「その空間にするには、XXの要素が必要だ、だからこうするとXXの空間になる」
これらは、実際に現場を見たり経験したりしている専門家ならではの言葉。
 
お客様は「現場を知っているプロならこうする」というプロならではのアドバイスを求めています。
厳しい言い方ですが、素人の意見や感想は正直求めていないのです。
あなたの肩書きが、インテリアコーディネーターだから、アドバイスに価値があると考えています。
 
 
ただ、新米ICさんは、まだその経験値が圧倒的に低いと思いますので、できる限り施工事例を見てこの空間はこうなる、と研究しておくことが必要です。
 
 

素人とプロの違いは、お客様からお金をいただくということ

あなたと同様に、世の中にインテリア大好きさんは数多くいます。
自宅をDIYする人や、家具やキッチンのショールームめぐりが好きな人は多いでしょう。
あなた以上に知識や経験が豊富なお客様もいます。
 
 
そんな人たちと、あなたは何が違うのか?
趣味にしている人と違い、お客様からお金をいただいて打ち合わせや発注、納品を行うというのがプロのICです。
つまりICには、商品を提案して売るための役割があるということです。
というわけで、あなたは、単なる「愛好家」ではなく、「売り手」に徹する必要があります。
 
意外でしたか?
インテリアコーディネーターはある意味営業マンなのです。
優秀なインテリアコーディネーターは、提案力で売り上げをあげています。
その提案力を支えているのが技術やセンスです。
 
 

あなたの数年後をステップアップさせるために「提案力」を磨く

新米ICさんは、社会人生活を数年経てこの業界に転職してきた方も多いと思います。
インテリアコーディネーターは、比較的女性が多い仕事です。
いずれは独立して、自分のペースで仕事ができたらいいな・・と独立を念頭にこの仕事を選んだ方も多いはず。
 
 
もちろんインテリアコーディネーターは独立せずとも常にレベルアップを求められる仕事です。
ですので、ICは常に勉強が必要ですが、もしあなたが数年後に独立もしくはICとしてのステップアップを考えているのであれば、「提案力」を意識して磨いていきましょう。
なぜならば、提案力のあるICこそ、厳しいIC業界で残っていくからであり、そしてお客様に必要とされるからです。
「提案力を磨く」。忘れないでくださいね。