あめいろカフェ

住所:宮崎県宮崎市宮田町10-18
定休日 : 日曜
営業時間:[月〜木]11:00~21:00
営業時間:[金・土]11:00〜22:00
https://www.facebook.com/あめいろCAFE-114793992005404/
 
 

宮崎県庁のすぐ近くの路地に佇む、古民家を改築したカフェ。
いわゆる純和風の古民家の空間に加え、レトロモダンの一角を楽しめます。
店の前には、ワンちゃんも同伴OKのオープンエアースペースのテラス席も。
 
開店直後に訪れた時は、レトロアンティークなカウンターへ通されました。
壁と天井のマロン色の塗装がなんともシックで、暗すぎず明るすぎずの絶妙な居心地の良さと密度を作り出しています。
マロン色を基調に、1トーン濃いココア色とナラ材のような明るいブラウンを組み合わせた、なんとも素敵なカフェ。
殺風景な換気扇を隠す、木製のルーバーさえも、レトロさを上品に表しおしゃれに演出。
お店としてのこだわりや美意識を感じさせる空間です。

 
 

空間の作り手としては、良い提案(アウトプット)のためにアイデアの引き出しは常に常にストックしインプットしていくことを心がけています。
自分の発想にはなかったちょっとしたアイデアや考え方、これらを吸収して自分の引き出しに入れることで、もっとお客様に満足のいく提案ができるように、と。
ここで大切なのは、自分がこうした空間の中で、何を感じるかだと思っています。
もし私がこの空間のデザイナーだったら、この空間をどうするか。
私が手を加えるとしたら、そうだなぁ、コンセントプレートは白じゃなくてアルミのアメリカンスイッチプレートや木製のプレートに変えるかなぁ、なんて。
 
 
このカフェのすてきなところは、空間だけにあらず。
「時間の使わせ方」もとっても上質なのです。
 
 
オーナーのおじいさま作の手びねりの大ぶりでしっかりしたディナー皿は、まるで作家のアート作品のよう。
思わずお皿にも見とれてしまったのは、もちろんこの手作りのお皿の素晴らしさもよかったのですが、オーダーしたサラダごはんの彩りのよさ。
ふわっとお花を盛り付けたかのような食べやすさと見た目の美しさで、思わず食べる前にみとれてしまいました。
沢山カフェをおとずれていますが、このように盛り付けが作品といえるようなセンスを感じさせるお店はあまりないものなので、堪能させてきただきました。

 
 
食後のコーヒーも感動ポイントが。
小さなトレイに出されてでてきたコーヒーは、紅茶のようなプレス式のコーヒーサーバー。
そして、小ぶりのお抹茶茶わん。
小さな砂時計が添えられていました。
コーヒーを淹れる時間も、楽しんでねというメッセージを受け取りました。
最近ハンドドリップ式のカフェも流行ってはいますが、コーヒーを淹れる時間はなんとなく待ちぼうけのような時間ですよね。
砂時計を待つ間のコーヒーが抽出される風景もまた楽しい。
非常に「この空間を、時間を楽しんで」というように考えられたサービスだなあと感心しました。
店員さんたちの温かく明るい笑顔も非常に印象的でした。
 
 
わずか数十分の滞在でしたが、非常にカフェ空間を堪能できたひととき。
ごちそうさまでした。
今度宮崎に来るときは、夜のバータイムも楽しみに訪れたいと思います。