頼んでいない「おつなぎします」は注意すべきたった1つの理由

起業すると、いろんな知り合いが増えるものですね。
 
先日別々の知人から「小林さんにご紹介したい方がいるので、おつなぎしてもよろしいでしょうか」というメッセージが立て続けに来ました。
私はこうした頼んでもいない「おつなぎします」話は、お話を伺った上で丁寧に「結構です」、と断るようにしています。
それは、以前にこの「おつなぎします」話で学んだことがあったから。
 
 

「おつなぎします」の根底には、自己満足や自己成績があるから

私は異業種交流会のたぐいにはほとんど参加していないので、こうしたネットワークには疎いのですが、異業種交流会の中には、参加して自分がいろんな人を紹介してもらった分、自分も自分の交友録の中から人を紹介し合うという制度があるようです。
つまりは、AさんがBさんに自分の人脈を紹介する際に、Aさんの知り合い(Cさん)に「おつなぎしたい人がいる」と声をかけて、BさんにCさんを紹介するんですね。
つまりは、自分の人脈と相手の人脈を広げっこしているんですね。
 
例えば、「Bさんが△△ができる人を探している」「BさんがCさんと友達になりたがっている」というように、Bさんが何かしらの理由をもっていて、Aさんが「△△ならばCさんという人を知っていますよ」「Cさんは私の友達なんです」ということであればその行為自体はおかしくはないと思うのですが。
 
異業種交流会の中には、人を紹介することで自分のポイント稼ぎになる人も多く存在するようです。
つまり、Bさんは頼んでもないのに「BさんとCさんを繋げたら、新しいネットワークになってお互いハッピーだろう」とAさんが勝手に自分で判断し、それで「おつなぎしましょうか」と声をかけてくるわけです。
 
 
だから、Aさんが紹介したいと言ってくるタイミングも突然ですし、紹介したいと言っている理由もよくわからないし(紹介してほしいと頼んでないというのに・・)、「自分は良いことをしてあげている」という自己満足の匂いがね、プンプンしているのです。
そこはかとな〜く営業(自分のポイント稼ぎや人脈を見せびらかしたい)の匂いも感じ取れます。
Aさんは一見面倒見の良い人のようにみえますけど、、どうなんでしょうね。
 
そもそも、「おつなぎします」と言ってくる人たちは、私が「彼らのポイント稼ぎに協力したい」と思えるほど仲良しな人たちがほとんどいないのが特徴で、ある日突然、「おつなぎしましょうか」とやってきます。
私も、最初は、何事かよくわからなかったので、「おつなぎしましょうか」といわれて「どうぞ」と言っていましたが、つながれた瞬間、何のリアクションもない人もいます。(はて、この人は私に何がしたかったんだろう・・?)
反対に、私のことをよく知らないのに、何をしているかも知らないのに、「ぜひ会ってください、自分のビジネスを宣伝させてください」とくる人もいます。(ああ、訪問販売と一緒か・・)
 
 
頼んでいない「おつなぎします」は、私に取っては「大きなお世話」でしかないんです。
 
 

出会いたい人には自分から出会う

そもそも、私は、誰かに「紹介させて」と言われて紹介してもらった人と仲良くなったり、ビジネスがうまくいったためしがあまりありません。
「会いたいな」と思う人には自分から連絡を取り、行って、会話して、ご縁があれば仲良くなっていくタイプです。
 
 
「Facebookで友達が3000人いる」とか、人脈にこだわる人はとかく「友達」の人数にこだわりがちですが、その人たちが他人を本当の意味で大事にできているかと言うと疑問です。
私は、人と人との繋がりやお互いの空気感、思いを大事にしたいと思っているので、知り合いの人数にはこだわりません。
 
 
私は、出会うべく人に自分から出会いたいですし、出会いを作る人でありたいと思っています。
「出会いを作った」といえば、こんな経験があります。
 
 
一人は、創業時にお世話になったアドバイザーの先生。
あちこちに出向きましたが、正直なかなかピンとくる先生がいませんでした。
先生は、頭の回転が早く優秀な方で、私の思うことをすぐさま理解し、そしてそれをどう実現していけばいいのかを一緒になって考え、具体的にアドバイスしてくださいました。
 
「この先生はすごい!この先生に自分の頑張りを見てほしい!」と思ったからこそ、毎週のように通い詰め、少しでもお互いが楽しく建設的な時間になるよう努力したと思います。
諸事情あってコンサルティングの時間は終了し、そこから先生と少し疎遠になっていましたが、約1年後に先生からまったく別件の仕事の依頼が来た時には、本当に嬉しかったです。
 
 
もう一人は、これから会う方。
イギリスの人気シェフ、レイチェル・クーさんです。
NHK Eテレでも「レイチェルのパリの小さなキッチン」という料理番組をやっていましたが、彼女の楽しそうな料理や快活な性格にすっかりファンに。
出張中のホテルでも、レイチェルの料理番組をチェックしていました。
「一度でいいから、レイチェルのレストランに行って見たいなぁ」なんて思ったり。
 
それがですね!
つい最近、レイチェルの新作レシピ本が出版されるのにともない、彼女が来日してイベントを行うことを知りました。土日に仕事が集中する私なので迷いましたが「レイチェルに会えるチャンス、二度とないかもしれない」と思い、応募。
応募者10倍の確率の中、当選してレイチェルの実演ショー兼ランチビュッフェに行けることになりました!
いやもうね、嬉しい限りです。
レイチェルと会話できたら嬉しいな。
 
 
 
そう。私は自分で会いたい人に会いにいきます。
 
 
出会いたい人には、自分で連絡を取って会いにいきますし、紹介してほしい人がいたら「紹介してほしい」と自分から頼みます。
自分の人生は自分で決める。
出会いたい人も、出会う人も。
それが、良好な人間関係を築く一歩だと思っています。