セルフマガジン2018制作裏ばなし

世の中がお休みになるお盆休み直前にセルフマガジンの原稿を印刷所に回したせいか、思っていたよりも早く印刷が完了して納品されてきました。
予定を少し前倒して、お申し込みいただいた皆さんへ発送作業に入りたいと思います!
 
 
ところで、コラム読者の方は、前回のセルフマガジンも読んでいただけている方も多いと思いますので、今日は、今回のセルフマガジン制作の背景や前作との違いについてご紹介したいと思います。
自力で作ってみたい方の参考になれば幸いです。
 
 

セルフマガジン 2018が生まれた背景

去年の終わり頃から講演会やセミナーのお仕事が入るようになってきたのですが、聴講者の皆さんにご挨拶時に自己紹介を兼ねて名刺がわりにセルフマガジンをお渡しする機会が増えました。
 
前回のセルフマガジンは、すぐにフランスで配布することも考えて、ページの半分はフランス語にしたのですが、国内で配る際に「読めない・・」という声が続出していまして(あたりまえか)。
フランス語は国内で配るセルフマガジンには必要ない。
だとしたら、国内版として日本語のみで作ったらどうだろうかと。
 
また、前回制作した2016年から月日が経ち、講演会の仕事が増えたり新米ICさんへのサービスなど、サービスの内容も若干変化してきています。
サービス料金の見直しのタイミングに、改めて2018年バージョンを作ろうと思い立ったのが、今年の6月下旬でした。
 
 

どんなセルフマガジンなの?

今回、制作するにあたり、「こんなマガジンにしたい」という思いを整理しました。
それが、以下の3つです。
・店舗経営者、見本市ブース担当者、新米ICさんに向けて具体的に役立つヒントが載っているマガジンである
・小林に会って見たいと思わせるマガジンである
・遠くの人でもオンラインでサービスを受けられることがわかるマガジンである
 
まず、冒頭に私が名乗っている「空間コーディネーターってなに?」というページを設け、店舗コーディネート・展示会コーディネート・住宅インテリア向けにアドバイスコラムを作りました。
少しでもみなさんのお役に立てればよいのですが。
 
また、FAQ(日本語でいうと「よくある質問」)ページや、今までにお世話になったお客様からいただいたご感想を載せてみました。(文字ばっかりで申し訳ありませんが、読み応えはあるかと!)
そしてサービス紹介とプロフィール、と、かなりシンプルですが、その分「読んでもらう」ことを意識して制作してみました。
 
 

なんで自力で作ったの?

自力で作っているので、プロからみたら「素人」の編集技術だと思います。
 
以前のセルフマガジンもIllustratorやPhotoshopを使っての自前制作でしたが、少しでもいいものを作ろうと、制作の途中や完成後で複数の人に見てもらって、流れや感想をつどつど伺って修正しまくっていました。
それはそれで、制作に大きなヒントにもなったのですが、反面、いただいた言葉で非常に揺れてしまう自分がいました。
今思えば、みなさんは、意見やヒントを「よかれと思って」「小林のために」言ってくれていました。
 
でも、意見を聞くことに重視したあまり、「自分がどうしたいのか」、「何を見せたいのか」といった自分軸がブレていってしまったのでしょう。
完成後は純粋に嬉しかったのですが、ある時シビアな寸評を鵜呑みにしてしまい、急に自作のセルフマガジンがみすぼらしくみえるように。。
恥ずかしくなって「恥をかいてまで作らなきゃよかった」と思って配ることをやめたこともありました。
 
 
今回も、ギリギリまでプロの編集者や信頼している人たちのアドバイスを仰ごうかと悩みましたが、ある時、「あなたは他人の意見を聞くあまり、心が揺れ、結局満足のいく結果が出せない、。もっと自分の思うようにやったらきっとうまくいくよ」という声をかけられたことを思い出し、今回は自分の独断で、自問自答しながら自作で作ろうと思い至ったのでした。
(あと納期と予算を考えたら他人に頼む理由がほぼなかったという・・ごにょごにょ)
 
 

大変だったところは?

・異なる読者層を想定した
当初、このセルフマガジンは店舗経営者向けのみの内容でした。
しかし、新米ICさんや一般の方のインテリアサービスも含めて、小林のサービスが網羅されると考え、全ての方に届くようにと思ったのですが、なかなか難しかったです。
最終的に、表紙に「店舗」「展示会」「住宅」というキーワードを入れることを思いつきました。
 
 
・縦型から横型にした
前回はA5縦型の小冊子にしたのですが、日本風を意識するあまり、「国語の教科書」のイメージで作りました。
また、他社さんからいただいていたセルフマガジンをたくさん見たところ、A5縦が多かったので、なんとなくA5縦で・・。でも何かおさまりが悪いな・・と感じていたのです。
講演会の際、お客様はA4の縦に資料を印刷されて配布されていることが多く、文字の流れの向きや冊子のおさまり感を考えて、A5横型にフォーマットを変えてみました。
 
 

セルフマガジン 、こんな人に読んでほしい!

というわけで、こんな人に読んでほしいと思う人は、こんな感じです。
 
・集客不足や売上減少に悩む、店舗経営者のみなさん
・インテリアコーディネーター として、もっと知識を増やして楽しく仕事がしたいと思う新米ICさん
・部屋の模様替えに興味のあるみなさん
・小林に興味があるみなさん
 
 
というわけで、どこにでも、無料でお配りしておりますので、興味があったらお申込ください。
お待ちしています。
セルフマガジン申込