新米ICさんが就活で落ちてしまう2つのNG自己アピール

ようやく資格を取って、いざ就職活動。
でも、全然仕事が決まらなくて・・。
なんていう新米ICさんはたくさんいます。
ね、厳しい現実ですよね。
このように「資格は取れたけど仕事に就けない」、という新米ICさんは大勢います。
 
 
それはなぜか。
インテリアコーディネーター という職種自体が狭き門である(=公開応募が少ない)
未経験だから即戦力としてはカウントされていない(=即戦力を求められている)
ということが大きいかと思います。
 
 
新米ICさんにとってみれば、「未経験」というハードルが高く感じられることが多いかと思います。
未経験なんて・・それじゃどうしようもないじゃん。とお嘆きの方も多いかと。。
でもね、未経験でも雇われている新米ICさんもいます。
 
チャンスを掴む新米ICさんと掴めない新米ICさんは何がちがうんでしょう?
というわけで、元採用面接側からみた「新米ICさんNGワード」をご紹介したいと思います。
 
 

新人ICはこんなところを見られている!

インテリアコーディネーター募集のページをいつも見ている方も多いと思いますが、未経験OKと書いてある応募要項も一定数あります。
要は条件があえば誰でも採用されるチャンスがあるということですね。
(倍率もかなり高めですが・・)
 
さて、そんな中で未経験の人が書類審査時に見られている点は
・多少の困難があっても食いついていく熱意と努力ができるか
・プレゼンスキル&交渉スキルがあるかどうか
・ハードな環境での気力・体力がもつか(年齢・家庭環境・前職やスポーツ経験など)
です。
 
端的に言えば、
「未経験だからこそ、のちのち会社にとって役に立つインテリアコーディネーターになれる素養を兼ね備えているか」
ですね。
これについては、新米ICのためのお役立ちオンラインサロンで後日詳しく触れていきたいと思っています。
 
 

惜しい!新米ICさんが落ちるNG自己アピールワード

ところで、インテリアコーディネーターという仕事はお客様に提案したり、メーカーや現場と交渉したりといった「プレゼンスキル」が必須です。
だから、そのプレゼンスキルがあるかどうかを最初に見られています。
実はあなたの自己アピールに、そのスキルの有無を感じ取っているケースがあるということをご存知でしょうか?
というわけで今日は、残念なNG自己アピールを2つご紹介します。
あなたも残念な自己アピール、やっていませんか?
 
 

<残念ケース1>
「インテリアが好きで、OOの雑誌をいつも見ています」
 
応募者は、好きだから、やりたいから、応募してきています。
だから、みんなインテリアが好きなの、当たり前です。
インテリア好きな人だったら、好きなインテリア雑誌みるのは、当たり前でしょう?
当たり前のことすぎて、まったく自己アピールになっていません。
そもそもあなたがアピールしたいのは「好き」ということ?「やりたい」ということ?
 
ほんとに「好きでやりたい」ということをアピールしたいなら、
もっとプレゼン力を磨きたいところです。
「ホームページの御社の施工事例を拝見したところ、OOのインテリア雑誌のテイストが非常にマッチすると思いますので、OOに御社が取材してもらえるような提案スキルを身に付けるのが目標です」
とか、「好き」から一歩踏み込んだプロの視点でアピールしてみましょう。
 
 

<残念ケース2>
「この間自宅の模様替え(リフォーム)をして、インテリアコーディネーターの仕事に興味を持ちました」
 
これも、動機としてはよくあるパターン。
おもしろそうだったから、とか、素敵な仕事だと思ったから、という言葉が続きます。
これは、採用側からしたら、「へぇ〜・・あっそう・・」で終わり。
 
もしこの体験をアピールに使うのであれば、たとえば、
「先日、自宅をリフォームしてくれたインテリアコーディネーターさんの提案力の多さに感動して、自分も豊富な提案力でお客様にいいリフォームを体験してもらいと思いました。
私も「もし御社に入社してお客様に提案するならこんな風に提案します」ということで自宅のリビングをベースに何パターンか改装の提案書を作ってみたので、ぜひご高覧ください」
とか、「興味を持ったからOOがしたい」をベースに提案力をアピールしてみることをおすすめします。
 
 

“私を雇えばいずれ会社の利益になる”の視点が重要

 
さて、この2つのNG自己アピールに共通していること・・なんだかわかりますか?
 
「好きだから」
「興味があるから」
 
という2つの自分目線なんです。
 
このアピール、おそらく応募者全員が思っていますし(特に新米ICさんたちは)、言っています。
そして、もっと重要なのは、この自己アピールは、今から雇おうとしている会社の利益に役立つものですか?
 
特にインテリアコーディネーターは、前職は事務職だったとか「異業種からの転職組」が多いのですが「好きだから」、「興味があるから」という応募の自己アピールでは、新卒とあまり変わらないと思いませんか?
転職組だからこそ、社会を見てきた人だからこそ、「他者目線」も気にして欲しいところです。
他者目線、つまり、それは会社があなたを雇えばいずれ利益になるという、会社のメリット。
 
 
あなたは新人だから、経験ないから、と言っている場合ではありません。
あなたの今まで培ってきた、インテリア以外のスキルも、役立てば会社のメリットです。
会社にとって、今のあなたが貢献できそうなことはなんですか?
 
というわけで、自己アピールの際に、ぜひ会社に「あなたを雇うメリット」も伝えてみてくださいね。
この自己アピールのプレゼン力、必ずICとして働く時に必要になります。
未経験でもチャンスをもらえる会社はあります。
ぜひチャンスを掴みにいきましょう!