「なんのお店かわからないお店」にあなたは入ろうと思いますか?

店舗経営者様から店舗の相談を聞くことが多いのですが、先日立て続けに聞かれた質問。
 
 
「取り扱い商品が多岐にわたるので、なるべく”なにやさん”かわからないお店にしておきたいが、どうすればいい?」
「肉屋をやっているのだけど、肉のイメージがない外観に改装したいと思っています。どういう外観がいいでしょうか?」
 
 
他にも同様の質問を聞かれるのですが、
共通しているのは
「なにや」かのイメージをつけたくない。
「なにや」かは、お客様に入って確かめてもらいたい。
ということのようです。
 
 
さて、みなさんはどう思いますか?
 
 

あなただったら「なんのお店かわからないお店」に入ろうと思いますか?

あなたがもしこの近辺にお住まいもしくは車で通りがかったとして、
「なんのお店かわからないお店」があったらどう思いますか?
 
あれ?お店?なにやさんなんだろう・・・?
 
そうですね、確かに、疑問を抱きますよね。
でも・・
 
「中に入って確かめよう」って思いますか?
 
なんなら
 
「入って確かめて、何か買ってこよう」って思いますか?
 
 
そもそも、なんのお店なんだろうと思いはしても、中に入って確かめようという勇気ってなかなかないと思うんです。
 
もしかしたら、お店じゃないかもしれませんしね。
もしかしたら、1点1点がものすごく高額なお店かもしれません。
もしかしたら、子供を連れて行くのはちょっと・・なお店かもしれませんしね。
 
 
でも、もし好奇心がまさって万一入店したとしても、何か買いたい!と思うでしょうか。
もしそこで、ずっと探していた商品があるとか
近所ではなかなか手に入らない商品だけれどここで爆安で売っていた
というのではない限り、手にとって購買っていうのは
せっかく入ったんだから何か一つでも買って帰るか・・
という消極的な購買意欲ではないでしょうか。
 
なぜか?
「何やかがわからないから、店に入る前から何を買おうか考えていない、イメージしていない」
からです。
 
 

店の外からでも瞬時に「なにや」がわからないと、素通りされる

というようにですね、よほどの好奇心の持ち主ではない限り、
お客様はお店には入ってこないですし、ましては購入もしてくれません。
残念ですが・・。
 
ということは、
「なにやかどうか、お店に入ってきて判断してほしい」
「好奇心を持ってお店をのぞいてほしい」
「店名から商品をイメージしてほしい」
は、多くの場合、VPがうまくできておらず、お店側の都合、独りよがりになってしまっています。
 
 

ではどうしたらいいか?
店の外からでも「なにを売っているか」イメージさせる仕掛けを作るんです。
それが、VP(Visual Presentation)という仕組みです。
 
お店への入店率をあげるための4つのVPチェック
VMDでチェックすべき、あなたのお店の認知度
 
VPは「扱っている商品」をイメージさせるものを意識しましょう。
複数の業態や商品を扱っている場合は、どちらも意識しましょう。
つまり、遠目から見て「あの店はOOを扱っているOOやさんだ」がわかればOKです。
 
 

英語の読みにくい店名や商品をイメージしにくいロゴは、VPとして出すべきか検討する

よく見かけるのが「英語が読みづらい」「経営者のこだわりで読み方がわかりづらい」店名。
いいんです、その世界観。
なかにはフランス語やイタリア語の店名もあります。
もちろん経営者がこだわって色々と調べて名前をつけたことが伝わってきます。
 
しかし、はじめましてのお客様に
・読んでもらえるか?
・意味が伝わっているか?
・お店のサービスが情報として伝わっているか?
をチェックしてみましょう。
 
もし、これらがすべてノーであるならば、残念ですが、この店名やロゴはVPとしては機能していないということになります。
ということは、道をゆく人たちには「なんのお店なのかわからない」という印象を与えており、店の敷居を自動的に高くしている可能性があります。
上のような「なにやさんかどうかわからないから入れない」という状況を自ら作り出しているとは、ちょっとショックですよね。
 
 
だとすると、VPにあたる仕掛けを変更し「なにやさんであるか」が伝わる仕掛けを用意する必要があります。
まずは「誰がどうみてもOOやさんとわかるお店」であるか、チェックをしてみてくださいね。
 
 
江戸小紋空間デザインでは、店舗改善サービスの中でまず徹底的にVPの見直しを行います。その上で、「誰もが認識できるVPの仕掛け」についてアドバイスを行なっております。