いい仕事をするために、携行品を効率化させる

突然ですが、先月、macbookproを買い換えました。
もちろん、先代(私にとっては初代macbookpro)が2011年モデルの上で、仕事柄macとwindows領域の作業を1台のmacbookproで行うことに限界が来ていたというのもあるのですが、買い換えの理由はもう一つ。
「携行品の軽量化」が大きな理由でした。
 
 

ノマドワークを行う上で、いかに携行品を軽くするか

私も含めて女性はただでさえ外出時の荷物が多くなりがち。
つねに重たいバッグをかかえて移動しています。
先代のmacbookproは数世代前のmacということもあり、普段使わないCD-ROM内蔵のどっしりとしたタイプ。
また、かばんも母の形見の厚地の皮のかばんを使っていたのですが、これだとmacbookproの出し入れがしにくい上に幅ギリギリ。
バッテリーや資料を持って移動となると、筋トレのような重力を携えていたのです。
元気一杯の行きはまだいいものの、帰りは常に疲労困憊。。。
そのうちかばんも重量でへたってきてしまっていました。
肩や腰にもかなりの負担が・・。
 
 

デジタルノマドワークのために買い換えたもの

今回、デジタルノマドワーク(いつでもどこでも仕事ができるという意味)を意識した買い換えを行ったのは主に
・macbookpro 2017モデル(6月に2018が出るのですが、初代のmacbookproの作業が限界だっため)
・打ち合わせ用かばん
です。
 
特にmacbookproは、容量と軽さを意識して13インチのタッチバータイプを購入。
軽さを意識するのであればmacbook airも捨てがたかったのですが、どうしても容量が・・。
macストアでそれぞれの重量を実際に持たせてもらい、メモリを多めに積んだカスタマイズバージョンを注文しました。
(カスタマイズバージョンは中国でのセットアップがあるため、購入して1週間〜10日前後納期が必要です)
今までの筋トレ状態が嘘のように軽くなり、しかも速くて快適。
大きな買い物だったので今まで購入ボタンを押すことに慎重になっていましたが、それは間違いでした。
仕事のクオリティとスピードを大事にするならば、もっと速く買えばよかったです。
(そーだそーだ!いいmacでいい仕事をして、もっと稼ぐんじゃい!おうっ!!)
 
 
また、打ち合わせかばんも悩みました。
条件としては
・軽くて自立でき、形がしっかりしている
・口が広く、パソコンや資料を取り出しやすいこと
・大事にしたいと思えるような色や素材
それこそ、ネットでも色々見て、何軒も見に行きました。
でも、世の中にたっくさんカバンはあれど、なかなかお気に入りのものってないですよね。
 
欲しいイメージは、シルバーの金具をつかった白かグレーかシルバーのカバン。
無いなぁ・・と思いながら帰りがけに好きなアパレルショップで洋服の試着をしてレジで会計を済ませていた時
なんの気無しに「そういえば、かばんって取り扱いあります?」と聞いたら、なんとあるじゃないですか、皮のシルバーが!
店の奥にちょこんと飾られていたシルバーのバッグを見て、肝をつぶしました。
急いで店員さんに在庫を調べてもらって、即購入。グレーとリバーシブルなのですが、いやもう、一生シルバーでいい。
 
いや〜、出会いですね。
持ち手が少し細くて重さに耐えられるか心配でしたが、結構頑丈です。そしてめちゃくちゃ軽い!
いまだに持つ瞬間、スリスリしてしまいます。仕事に行くのもテンションあがります。
お気に入りって大事だなあとつくづく思います。
 
 
結論:「いい仕事をするために携行品を効率化させる」。
私のようなデジタルノマドワークのフリーランス女性には、とっても大事なポイントですね。