自分のソーシャルスタイルを知って、活用する

私は仕事柄、たくさんの新米インテリアコーディネーターさんに接する機会が今までにありました。
 
あるICさんは、じっくり資料を読み、豊富で正確な知識の取得を第一に考えていますが、お客様とのコミュニケーションにストレスを感じていたりします。
別のICさんは、まずはお客様とお話しして共感することが第一と考え、比較的すぐにお客様と仲良くなりますが、つい知ったふりをしてしまい、冷や汗をかいたり・・・といったように、お客様への付き合い方や仕事への向き合い方はまさにそれぞれです。
 
 
それぞれの新米ICさんをどうしたらいい方向に導いていけるかを考える上で、一人一人がどんな思考や言動をしているかを注意深く観察してきました。
その中で、ソーシャルスタイルという概念を学び、ソーシャルスタイルごとに得意なコミュニケーション方法や目指すべきスタイルがあることを実感しています。
今日は、そんなソーシャルスタイルというコミュニケーションの考え方について軽くご紹介していきたいと思います。
 
 

ソーシャルスタイルとは?

自分と性格や考え方が違う相手と仕事をする際に、考え方や価値観の違いに戸惑うことってありますよね。
なかには「あの人、苦手・・」と思うこともありますよね。
これは、一人一人、それぞれが、違うソーシャルスタイルを持っているからなのだそうです。
 
ソーシャルスタイルとは、対人関係における信頼関係を築くコミュニケーション方法を4つに分類した概念をさします。
(この分類方法は、近日発表する「新米インテリアコーディネーターのためのお役立ちオンラインサロン」にてお伝えできればと思います。)
 
 
P プロモーティングスタイル(表出型)の特徴
一言で言うなら「賞賛されたい」「承認されたい」人
 
F ファシリティングスタイル(友好型)の特徴
一言で言うなら「受容されたい」「容認されたい」人
 
A アナリティカルスタイル(分析型)の特徴
一言で言うなら「安全でありたい」「正確でありたい」人
 
C コントローリングスタイル(主導型)の特徴
一言で言うなら「達成したい」「決断したい」人
 
 
もちろん、いずれのスタイルにも優劣がなく、すべてのスタイルの人が社会や組織に貢献できるものですが、4つのソーシャルスタイルは4つのニーズに対応していると言えます。
ビジネスで自分のソーシャルスタイルを自覚して発揮することで、信頼関係をコミュニケーションで築けたり、相手のやる気を引き出したり相手に信頼を得ることができるようになります。
 
 

自分のスタイルの弱みを最小限にとどめる方法

長所は短所、短所は長所といったように、実は自分のソーシャルスタイルは表裏一体です。
しかし、仕事のコミュニケーションの場では、より多くのお客様から承認を受けたり、よりよい関係を維持していい仕事をするためには、それぞれの弱みをカバーする態度を研究することが必要です。
特に多くの人と接するインテリアコーディネーターとしても、コミュニケーションの仕方に注意できるようになります。
ここではほんの一例を挙げてみますね。
 
P プロモーティングスタイル(表出型)の人の弱点と改善
・時間にルーズな傾向にあるため、時間管理を厳しくする
・できる以上の安請け合いをしてしまう傾向にあるため、意思決定はゆっくりじっくりと決める
 
F ファシリティングスタイル(友好型)の人の弱点と改善
・「仲良くなりたい」「敵を作りたくない」と人のことを気にしすぎる傾向にあるため、自分が達成すべき目標を定める
・自己主張をしない傾向にあるため、ノーをはっきり言うようにする
 
A アナリティカルスタイル(分析型)の人の弱点と改善
・慎重すぎて保守的な傾向にあるため、意思決定にタイムリミットを設ける
・決断に時間がかかる傾向にあるため、完璧主義にならない
 
C コントローリングスタイル(主導型)の特徴と改善
・人に対して気が短い傾向があるため、人の話を最後まで聴く
・人に対する配慮に欠ける傾向があるため、忍耐力を持つ
 
 
いかがでしたか。
自分のソーシャルスタイルを知れば、相手のコミュニケーションスタイルを知り、相手が求めているコミュニケーションができます。
 
 
自分のソーシャルスタイルを分析するには、いくつかの設問を経てマトリックスで表されるのですが、こういう学びもまたオンラインサロンでやっていきたいなと思います。