新米ICがカタログ棚を整頓するべき4つの理由

新人インテリアコーディネーターさんは、まずは商材の勉強や先輩ICさんや設計士さんの打ち合わせ同行といった業務から仕事がスタートする方が大半かと思います。
また、「カタログ棚、片付けておいて」とか「カタログ発注やっておいて」というカタログの整理や入れ替えも任せられます。
 
このカタログ作業って、まず棚はパンパンだし、サンプルはごちゃごちゃしているし、古い冊子やサンプルのゴミすてやら発注やらで結構面倒くさいですよね・・。
でも実はこのカタログ仕事、あなたのインテリアコーディネートスキルをアップさせる、おいしい仕事なんです。
今日はその理由をご紹介します。
 
 

1.各社メーカーの特徴とラインナップを知ることができる

おそらくどこの事務所のカタログ棚って、たくさんのカタログがありますよね!
エクステリアごと、内装ごと、メーカーごと、といったようになんとなくまとまっているかと思います。
(もしくは皆が適当にいれていてぐちゃぐちゃだったりもしますが・・)
一冊一冊をじっくり見ると時間が足りませんが、パラパラとめくって、このメーカーはどんな特徴があって、どんな商品を展開しているかを見ておきましょう。
主要なメーカーからパラパラと見始めておくとよいでしょう。
そして、同じ号のカタログやサンプルは、隣同士に整理しておくことで、探しやすくなります。
 
カタログは重たく指先をいためやすいので、作業するときには軍手をお忘れなく!
 
 

2.カタログの位置を把握することで、探し物が減る

打ち合わせに同席していると先輩から
「XXのカタログ持ってきて」「00シリーズのサンプル持ってきて」
という指示がよく飛んできます。
役目を仰せつかって「はいっ!」とカタログ棚に探しに行ったものの、お目当てのものがどこにあるのかわからない・・
 
せっかく探して持って行っても
「これ古いやつだから新バージョンのカタログ持ってきて」とか
「ちがう、このシリーズのものじゃない」
といわれて何度も往復する経験、ありませんか?
 
もしくは「あの・・探したんですがありません・・」という時。
(同じ時間に別の人が打ち合わせで持って行ってる可能性もありますよね)
それで、結局打ち合わせしている先輩に
「えっあるはずなんだけど・・自分で取ってくるわ」と言われてしまうと、情けない気持ちにもなります。
自分に与えられた依頼なのに、役に立ててなくてなんだか手持ち無沙汰・・ってことありますよね。
こちらのバタバタのせいで、お客様との打ち合わせも中断させてしまいます。
 
 
この問題は、現在事務所がどんなカタログやサンプルをどこに何個保存しているかを知っておくことで、ある程度回避できます。
「あのカタログはあそこに2冊あったはず」とか「先週新しいサンプルに交換して棚に保管しておいたな」というモノ把握が、あなたのお役立ち度は飛躍的にあがるんです!!
 
整理することで探し物の時間が減ります。その分、打ち合わせに集中できます。
ということは、あなたの整理力は格段に重宝がられるというわけ。
 
 

3.カタログの更新時期を知る

ほとんどのカタログにはカタログ改定時期が記載されています。
 
大手メーカーは、春または秋にラインナップを改定するケースが多く、その頃新カタログが出回ります。
新カタログには新商品ラインナップが載っていますので、おのずとカラーサンプルも更新されていくケースも多く、いつ新カタログを手配すればいいのか、タイミングを知ることができます。
 
 
ちなみに、カタログ整理時にはカタログ発注予定リストも一緒に用意して作業しましょう。
あなたの仕事効率がいっきにあがります。
また、新カタログの手配は、メーカーや問屋の営業マンが定期的に交換しにきてくれるか、もしくは自分からネットやFAXで発注する方法があります。
先輩たちにどのルートを取ればいいか聞いておきましょう。
効率の良いカタログ依頼の仕方
 
 

4.オプションの存在だけでも知っておく

たとえば建具のミリ単位のサイズ変更や取っ手の変更といったオプション。
 
どんなものがあるのか?どんなことが可能なのか?発注するには何を気をつけるべきか?
 
最初はそこまで把握するのは難しいですが、オプションの存在があるということを知っておくだけでも
非常に役立つ知識です。提案の引き出しが増えますからね。
メイン商材のカタログは、オプションページもよく眺めておきましょう。
 
 
その商品でよくわからないことは、カタログを手配する際にメーカーの営業マンに聞いてしまいましょう。
営業マンは、今後、いざという時にあなたの相談相手になる人です。
一から教えてください、という姿勢で聞いておくと、喜んで教えてくれます。
 
 
カタログを整理したり発注したりという作業は、地味なようでいて実はあなたの仕事の基礎力を作ってくれる、重要な作業の一つです。
そして、きれいに整頓されている棚はスタッフ皆にとっても使いやすいはず。
みんなのお役にも立ちますし、何より自分のレベル向上すると思えば、やりがいありますよね。
面倒くさいとか思わず、積極的にカタログと向き合ってくださいね。
 
 
 
 
<インテリアセミナーのおしらせ>
来たる3/24(土)に、都内にて模様替えをテーマにしたインテリアセミナーを開催します。
インテリアのセミナーってなかなかないんですよね。
また新米ICさんもインテリアコーディネート自体を学ぶ経験はあまりないと思いますので、興味がある方はぜひ!
知識編 お部屋の模様替えに役立つインテリアセミナー