POPはなぜ必要か?

店舗経営者やスタッフの皆さんは、商品のPOPの作成時に悩まれる方が多いようです。
「すてきなPOPのセンスなんてないしなぁ・・」
「何を書いていいのかわからない」
なんて声をよく伺います。
今日は、売上アップや商品を売り切るためにぜひ実践してもらいたいPOPの基本についてご紹介します。
 
 

POPは凄腕を誇る第3の販売スタッフ

POPとは、Point Of Purchaseの略で、日本語だと「購買時点広告」と言います。
来店したお客様に対して、商品情報やおすすめなどを伝えることで、お客様の購買意欲を高めて、購買の意思決定を促す重要な役割を担います。
つまり、POPは、お客様が商品を手にとって買い物かごにいれるまでの第3の販売スタッフともいえるのです。
サッカーでいうと、購買というゴールに向かってシュートを打つストライカーのような存在ですね。
そんな優秀な販売員のPOPは、ご存知VMD(Visual MerchanDising)の一つの手法でもあります。
「選ばれて売れる」を助けるVMDの4つの特徴
VMDでチェックすべき、あなたのお店の認知度
お店への入店率をあげるための4つのVPチェック
 
 

POPは目的や訴求内容に応じて、内容が違う

それではPOPって具体的にどんなものがあるかと言いますと、たくさんの種類があります。
大きくわけてみますと、こんな感じです。
 
 
・プライスカード
商品名や価格、内容を表示。POPの基本形。
 
・ショーカード
商品の特徴や使い方、商品豆知識など、商品に関するさまざまな情報を提供。
 
・案内や告知POP
「雨の日サービス」といったお店のサービスや方針を案内したり、新商品やイベントの告知を行うもの。
 
・黒板POP
店頭に置いてお客様を店内に誘導するほか、おしゃれなディスプレイとしても効果を発揮。
 
 
このように、POPはただ作ればいいのではなく、「何をどう訴求したいか?」によって、内容や形状が違うんです。
 
 

メリットから考えるPOPの必要性

POPには様々な種類や役割がありますが、作り方、使い方によっては、お客様、店舗側それぞれにもメリットがあるものです。
そこで、それぞれのメリットを見ていきましょう。
 
<お客様から見たメリット>
・商品の価値を知り、選びやすくなる
・お得な情報が入手できる
・納得のいく買い物ができる
・商品に対する新しい発見ができる
・購入後の満足度があがる
 
もちろん、店舗側の皆さんにも多大なメリットがあります。
<店舗側のメリット>
・第3の販売スタッフになってくれる
・商品の価値や情報を効果的に伝える
・売り場を賑やかに演出できる
・お客様の購買心理をついて売上がアップする
・POPみたさに店のリピーターが増える
 
 
POPの価値と必要性について、軽くご紹介してみました。
ここまで紹介すると、POPってすごく難しそう・・と思われがちですが、実はコツと基本をおさえておけば大丈夫。
店舗経営の皆さんは、絶対に知っておいたほうがいいPOPの知識。
効果のでるPOPづくりを、学んでいきましょう。