新米ICさんのお役立ちインテリア道場、はじめます

独立前から、住宅系の新米IC(インテリアコーディネーター)のサポートを行う機会があったのですが、一つ共通しているのは、
IC試験にパスして実際に仕事につくとなると、思いもよらない大きな壁が立ちはだかっていることに気づき、皆さん苦戦してしまうこと。
 
 
IC試験をパスして資格がとれたら仕事ができる・・!と意気込んでいたのに、いざ業務となると全然わからないなんて。
 
 
と落ち込む新米ICさんって、結構多いのです。
 
 
IC試験は未経験者からすれば勉強は大変なものですが、それでも問題集や先生がいれば問題に対する答えが出ます。
ただ実際にコーディネーターとして業務を開始すると、建築の知識や商品知識、業界の流れなど、数多くの未知なことがあり、知らないことに圧倒されてしまったり、知らないがゆえに職人さんやお客様に迷惑をかけて怒られてしまったり・・。
 
 
中には心が折れてしまったり、せっかく試験にパスしたのにICの仕事を諦めてしまう人を多く見てきました。
それくらい、思い描いていたインテリアコーディネーターという仕事と、実際の業務のギャップに戸惑っていることが本当に多いのです。
 
 
多くの新米ICさんは、経験がないとなかなかこの業務につけず、やっとの思いでつかんだこの業務も意外にハードルが高くてつらい・・・という理想と現実のギャップに悩み苦しみます。
 
 
現場を知っている人間からすると、そもそもそんな華やかで甘っちょろい世界ではない、のですが、「カラーコーディネート楽しそうだからやってみたい♩」、「すてきなインテリア空間にわくわくしたい♩」と思ってこの業界に飛び込んだ人は特にショックを受けてしまう傾向が強いように思います。
 
 
それでは、未経験からステップを踏んでいくにはどうしたらいいか。
未経験でもどうしたらスムーズに一人前のICとしてやっていけるのか。
 
 
先日、新米ICさんたち数人から相談されたことをきっかけに、このサイトでも新米ICさんのお役立ち情報や知識をご紹介していくことにしました。
かくいう私も、新人時代は本当に大変で悩んでいたから。
逆に言うと、ほとんどのインテリアコーディネーターって、そうした手荒な「洗礼」を受けて成長してきているのです。
不安、悩み、苦しんでいるのは、あなただけじゃないよ!と声を大にして言いたいです。
 
 
だからこそ、「洗礼」を恐れず、少しでも自分の力になる武器を身につけて戦えるように・・・
これからご紹介する知識や情報が、少しでも新米ICさんの学びになり、「いざICになったけれどどうしたらいいかわからない」ICさんの手助けになればと願っています。