2017年 江戸小紋空間デザイン3大ニュース

2017年も最終日となりました。
大晦日に2017年を振り返り、江戸小紋空間デザイン小林の3大ニュースを発表したいと思います。
 
 

1.「教える・伝える」仕事の幅が広がった


6月の新宿伊勢丹でのテーブルコーディネートセミナーや各地の商工会議所様での講演会が大きな転機となり、多くの聴講者様に出会えるきっかけとなりました。
もともと起業をした理由が、自分の知識や経験をより多くの人々に役立てたいという気持ちだったので、少しでも多くの情報や知識をお届けしたいということが叶って本当によかったです。
 
また講演を通してこちらの思いや考えを一方的に伝えすぎではないかと心配でしたが、講演を行なった各地からお礼状も多数届き、役に立った、楽しかった、実践しようという声も多く聞かれたという言葉に励まされました。
 
講演会後の食事会で落語好きな方と落語話で盛り上がり、次回東京にいらした時に落語にお誘いしようかなんていう、新しいつながりの楽しみもできてきました。
北は北海道名寄市から南は長崎県島原市まで、移動距離が多い分、いろんな街や人に出会えた一年でした。
 
やりたいことxできることx社会の役に立つこと ってこういうことなのだなぁと今更ながら納得。
 
また、同業のインテリアコーディネーターの皆さんからも知識や技術を教えて欲しいという相談が来て、これからも出し惜しみなく、真摯に謙虚に、多くの人たちに自分の持っているものをお分けしようと思っています。

 
 

2.フランスに飛び立てなかった事件

衝撃的。いや〜衝撃的な事件でした。
 
秋に、数年前から使用していた某航空券販売会社サイトでフランス行きの飛行機チケットを購入したのですが、アカウント登録時にどうやら氏名欄を逆に登録していたようなのです。
 
思い返してみると、数年前に登録時、入力し終わって最後確認画面になった時、苗字の欄と名前の欄が入れ替わっていたのでアレ?と思ったのですが、その後確認した時には直っていたので気にしていなかったのですが・・・・
 
今までは日系航空会社のチケットを購入していたので、発券カウンターでさりげなく直してくれていたようなのですが、今回久しぶりにエールフランス便で購入したため「搭乗チケットの名前と苗字がパスポートの表記と逆のため、テロ防止法により塔乗できません」という非情なお達しを羽田空港で受けてしまい、結果的に飛行機に乗れないという事態に。(さらっと書きましたが実際には濃厚なドラマが展開されたのですっ)
 
いや〜、今って、名前と苗字が逆になっているだけで「テロリストのおそれあり」になってしまうのですね。昨今のテロ対策のすごさを思い知ったと同時に、当日キャンセルでほぼ全額をドブに捨てることになり呆然。。。
今度テロリストに出会うことがあったら、胸倉つかんで「お前たちのせいで規制がきつくなったんだぞ!\\\٩(๑`^´๑)۶////」と文句の一つも言いたいところです。
 
次回の渡仏は春を予定しているので、チケット購入時には慎重に購入しようと思います。
テロ対策で、以前は交渉できていたことが有無を言わさず一発アウトになってしまうと学びました。
皆様も気をつけて。
 
 

3.屋号変更と今後の展望への変化


15年ほど前に自分で経営していた和雑貨屋から屋号を引き継ぎ、「ed-commons」(えどこもん)でスタートさせたものの、しっくり来ない。
また、プロフィール写真が着物姿であることから「着物屋さんですか?」といったような質問も多く、この屋号は読まれにくい、サービス内容が伝わりにくいということを痛感し、今年9月に「江戸小紋空間デザイン」へと屋号変更しました。
参考:屋号をわかりやすく変更することで生まれる3つのメリット
 
屋号変更してから少なくとも「空間デザイン業」であることが伝わったのか、着物やさん?という質問が来なくなりました。
集客をサポートする専門家としてお恥ずかしい限りですが、やはり伝わりやすい、わかりやすいってとても大切だなと。
 
また、長い事かけて準備しているフランス展開についても、資金の問題やビザの問題で本格始動が遅れています。
うまくいかないことが山のようにある中で、どうやって実現させていくのか。形にしていくのか。
今まで思い描いていた形とはまた違う形で別のルートも模索中です。
 
すぐにうまくいけば良いのでしょうが、まだまだ発展途上。
国内とは違ってすぐうまくいくものでもないし、地道に積み重ねます。
飽きずに腐らずに恐れずにをモットーに、またご報告したいなと思っています。
 
海外進出したいという気持ちでこのコラムを読んでくださっている皆さんのためにも、いいことわるいこと含めてしっかり報告したいなと思いますしね。
 
 
2017年は実にいろんな経験を通して、たくさんの方と知り合えたチャレンジングな年でした。
来たる2018年は、たくさんのことを経験できる人生を楽しみながら、一歩でも前に、前のめりに進んでいきたいと思います。
皆様もどうぞよいお年をお迎えください。
そして来年もぜひ一緒に、楽しく実り多い一年にしていきましょう。