懐紙の使い方

お茶席で、天ぷら料理で、甘味処で。
斜めに折られた白くて薄い和紙の懐紙(かいし)を見かけますよね。
みなさん、懐紙はお持ちですか?
 
今日は知っているようで知らない「懐紙」のお話をしていきたいと思います。
 
 

懐紙は現代で言う携帯ティッシュ

懐紙とは、小ぶりで二つ折りになっている和紙のことを指します。
昔は着物の懐に差し込み、今でいうティッシュやハンカチのように常に携帯するものでした。
古くは、平安時代から懐紙は携帯グッズとして使われ、ティッシュ、ハンカチだけでなく、メモ用紙や便箋などとしても使用してきたと言われています。
特に茶道ではお皿代わりにお菓子を受けたりするなど、便利なグッズでした。
今でも、お茶会のほか、懐石料理や上質な和食の会食の際には携帯しておくことをおすすめします。
 
 

懐紙の使い方

ここでは主な懐紙の使い方についてご紹介しましょう。
 
受ける
お茶席などで茶菓子を自席に取る際、懐紙の上に茶菓子を受けます。
折り目を手前にして使いましょう。
 
包む
お茶席での茶菓子の食べ残しや余りなどを包んで持ち帰る際にも使います。
 
拭く
口元をぬぐったり、濡れた手を拭くような時にも使います。
 
書く
さすが和紙!ちょっとしたメモ用紙としてコメントを書くことも可能です。
 
 

現代の懐紙

今までの懐紙は、白い和紙調のものがほとんどでしたが、最近は色やすかしのデザインが入ったものなど個性的な懐紙も増えてきています。
正式なお茶の席でなければ、カジュアルなデザインは携帯しやすいですね。
カジュアルな懐紙は、セレクトショップや雑貨屋さんでも売っています。
見つけたら、お気に入りを買っておきたいですね。
 
上の懐紙は、友人からプレゼントされた、パンダ柄の懐紙です。か、かわいい・・
いただいて、いつ使おうかしらとウキウキしました。
実際使うときは、もったいなくてケチってしまいましたが・・笑
 
 
いかがでしたでしょうか。
すてきな懐紙を携えて、粋にさりげなく使いこないしたいものですね。