文様の世界へようこそ

みなさんこんにちは。和の空間コーディネーター ed-commons小林です。
暮らしに和のエッセンスを取り入れたいみなさんに和の空間をご紹介しています。

0430-1

先日、ようやく2020年東京オリンピックのエンブレムデザインが決定しましたね。
 
 
最終選考の中でももっとも地味という声が大きかった市松模様のデザインが決まりましたが、江戸小紋と社名につけるだけあって模様にはこだわりのある私ですので、昔ながらの模様がモチーフの案で嬉しく思いました。
 
 

市松模様は日本のデザイン?

ところで、なぜ市松模様が日本らしいデザインといえるのかご存知でしょうか。
市松模様というのは、2色の正方形または長方形を交互に配置した格子文様のひとつと言われており、日本ではなんと、古墳時代の埴輪の衣装にも市松模様が用いられていたのだそうです。
 
 
でも市松模様自体は非常にシンプルな図案ですし、ヨーロッパでもギンガムチェックという模様があることからこれだけでは「日本らしい」オリジナルデザインとはいえませんね。

 
 

文様のルーツ

0430-2

ところで、今、文様という単語が出てきました。
 
 
文様とは、幾何学的な形状が基本形となった単純なつなぎ模様のことを指す言葉です。
日本では、文様自体は中国や朝鮮から輸入しましたが、おめでたい時を飾る文様として意味を込め、独自な発展を遂げました。平安時代には、公家や神社で使用を許可された高貴な模様だったようです。
建築でも、庭の石畳にこの模様は使われていることからずっと「石畳文様」と呼ばれていました。
それが、江戸時代に佐野川市松という歌舞伎役者がこの模様の着物を着たところから「石畳文様」は「市松模様」と呼ばれるようになり、大流行したのだそうです。
海外でも市松模様に当たるデザインは古くからあるため、外国人から見たときにこのデザインが果たして「日本らしい」と感じるのかは怪しいところですが、日本人の中では市松模様というと「伝統的な日本」を思い出してしまうという不思議なデザインです。
 
 

伝統的な文様

他にも、伝統的に用いられてきた文様は日本にはたくさんあります。
 
 
今日はその一部をご紹介しましょう。
青海波(せいがいは)
0430-3

海の波を様式化した文様。同じ波がどこまでも続くことから平安・繁栄のイメージとして多く使われます。
麻の葉

0430-4
麻の葉の形に似ていることから命名された文様。麻は成長が早く、まっすぐ伸びることから子供の成長を願って産着にも多く使用されました。
亀甲(きっこう)
0430-5

西アジアから中国を経て日本に伝わった六角形の文様。亀は長寿であることから吉祥文様とされました。
矢絣(やがすり)

0430-6

矢は射ると戻ってこないので、婚礼の縁起物とされた文様。明治時代には女学生が着物に用いて大流行しました。
 
 
普段、何気なく文様を見ていてもその意味まではあまり知りませんよね。文様に隠された意味を知って、状況にあわせた使い方ができたらすてきですね。