ひな祭りに隠されたひみつ

みなさんこんにちは。和の空間コーディネーター ed-commons小林です。
暮らしに和のエッセンスを取り入れたいみなさんに和の空間をご紹介しています。

0304-0

だんだんと日の光も強く温かく感じられる今日この頃。
昨日3月3日は「ひな祭り」とよばれる五節句(せっく)のうちの1日でした。
女の子がいるご家庭では、おひな様を飾ったり、ちらし寿司を作って楽しくお祝いしたかと思います。
今日はこのひな祭りの、あまり知られていない由来についてお伝え致します。
 
 

ひな祭りは1年で2番目にやってくる節句

0304-1
節句というのは「季節の変わり目」という意味で、もともとは中国の暦から来ています。
暦の中で奇数の1桁の月(1月3月5月7月9月)の中でも同じ数字が重なる日(1日3日5日7日9日)のことを「奇数(陽)が重なると陰になり邪気がたまる」とされていました。そのため、季節の旬の植物から生命力をもらって邪気を払う宴会をしたのが「節句」のはじまりとされています。
 
ひな祭りは桃の花の開花時期なので「桃の節句」と呼ばれることもありますが、正式には「上巳(じょうし)の節句」と言います。
 
 

五節句に隠された植物のチカラ

0304-2
五節句とは、上の説明でいくと、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日になるはずなのですが、1月1日は元旦として別格扱いになっており、代わりに1月7日を節句の日としました。
1月7日 人日(じんじつ)の節句
3月3日 上巳(じょうし)の節句
5月5日 端午(たんご)の節句
7月7日 七夕(しちせき)の節句
9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
 
ここでピンときた方もいらっしゃるかもしれませんね。
各節句の日のモチーフを思い出してみてください。
1月7日は七草粥を食べます。
3月3日はもち米を加工したひし餅やひなあられを食べ、もち米に焼酎や米麹を加えた白酒をいただきます。
5月5日は菖蒲(しょうぶ)の節句といって、菖蒲湯に浸かったり、柏の葉にくるまれた柏餅を食べます。(関西ではちまきが多いそうです)
7月7日は小麦粉から作られたそうめんを食べる風習があります。
そして9月9日は菊の節句、菊酒といって菊を浮かべたお酒が有名です。

 

そう、いずれの節句も、植物に関連した食べ物だったり風習だったり・・植物と深く関わっています。
季節の節目に植物のパワーを体内に取り込んで、無病息災を願った昔の人の知恵を見る事ができますね。
 
 

もともとは水に流していた「ひな祭り」

0304-3
 
さて、なぜひな祭りにひな人形を飾るのかはご存知でしたでしょうか。
中国の言い伝えによりますと、もともとは3月上旬の巳(み)の日に、紙で作った人型(ひとがた)に呼気を吹き付け、人間のけがれや災いを川に流して厄払いをしていたのだそうです。
 
日本でも「水に流す」という諺がありますよね。
 
過去にあったいざこざを全て無かったことにするという意味です。
 
特に日本では、国土面積の67%が森林で、山で降った雨が山の斜面を下り地下水として水脈をつくり、そこから幾筋もの川が生まれ海に到達しました。
大河と呼ばれる大陸の川は、ゆっくりと大陸を通過し海に流れ込みますが、日本の川はそれに比べると距離も短く流れも急です。
そこから、けがれや邪気を川などで清め流してしまう風習が盛んとなり、これは日本独特の文化だそうです。
日本人は、汚れたものは川で洗い、災いや祭り、祈りの時、それに関係する品々は思いを込めて川に流してきました。

 

中国がもとになった人型の厄払いですが、日本ではおままごとの人形を川に流して身を清める「流しびな」が誕生しました。
やがて、人形は公家の装いとなり家で豪華に飾られるようになり、特に女の子が生まれるとその子の一生の厄を受けてもらう事で健やかに成長を願うお祝いに変わりました。
余談ですが、流しびなは今も各地に残っているそうで、鳥取の千代川で行う「もちがせの流しびな」は全国的に有名です。
今年は4月9日に行われるようです。
 
12778
公益社団法人 鳥取県観光連盟
 
本日は、意外と知られていないひな祭りの由来についてお伝えしました。
普段は「おひな様を飾ってお祭りする女の子の日」として存在するこのお祭りも、実は様々な環境や風習が育んで来た事に想いを馳せるのも悪くないですね。