改めて知っておきたい「節分」

こんにちは。和の空間コーディネーターed-commonsの小林です。

本日は2月3日、二十四節気とよばれる季節のカレンダーでは「節分」。お子さんがいらっしゃるご家庭では「鬼は〜そと!福は〜うち!」と、豆まきも楽しみの一つですね。
でも、なぜ、「節分」に鬼に豆まきをするかご存知でしょうか?今日は日本の文化である「節分」についてお伝えします。

「節分」=季節の分かれ目

0203-2
「節を分ける」と書く通り、節分とは、本来、季節の分かれ目を指します。
ということは、2月3日の「節分」とは、翌日4日の「立春(りっしゅん)=暦の上では今日から春ですよという意味」の前日にあたり、冬と春の境目の日のことを指すんですね。
そう、昔は、立春の節分だけでなく、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)の全ての前日を「節分」と言っておりました。

立春の節分だけが節分として残ったのは、この日が旧暦でいう所の一年の始まりに当たるからでしょうか。

春といっても、一年で一番寒い季節にあたりますから、「春だ!」という実感は持てませんが、一年の始まりだと思うと何か晴れ晴れとして、気が引き締まる思いがいたします。

「節分」の行事

0203-6
・豆まき

冒頭にもありましたが、節分といえば、「鬼は〜そと!福は〜うち!」
我が家でも昔は祖父が家に来てくれて、家中に落花生を盛大にまいてくれたものでした。
兄と競う合うようにして落花生を拾い、母から「年の数だけ食べると今年1年元気で過ごせるのよ」と言われ、熱心に豆の数を数えたのを覚えています。

でも、落花生をまいた話をしたら、びっくりされたことがあります。
「節分といったら大豆じゃないんですか?」と。聞かれてこちらもビックリしました。
調べてみましたら、関東より南が大豆をまき、北海道・東北・北陸・九州が落花生をまくのだそうです。
我が家は父方が会津で母方が山形の出身ですので、落花生がスタンダードな一家です。だから、節分に落花生をまくことが当たり前だったのでしょう。
他にも、うぐいす豆やピスタチオ、アーモンドをまく地域もあるそうで「豆だったらOK」っていうことなのでしょうね。
あなたのお家の豆まきでは何をまきますか?

でも、そういえば、なぜ豆をまくのでしょう?
豆まきというのは、節分という一年の始まりに邪気を払う行事として行われています。
豆をまく理由の一つとして、「鬼の目を打つ=魔目(まめ)や魔を滅する=魔滅(まめ)」から来ているそうです。
もう一つには、「穀物には魔除けの力があるので、豆を投げるという説」もあるのだとか。

 

・節分の飾り

節分の日の縁起物として有名なのは、「柊鰯(ひいらぎいわし)」ですね。

焼いたイワシの頭を柊の枝に指して玄関や門に飾る、伝統的な魔除けグッズです。
見た目や臭いが気になりますが、それもそのはず、臭いものや尖ったものには魔除けの効果があるとしてオニが家に入って来れないようにしていたんですね。
飾る日としては、2月3日の節分から4日の立春にかけてだそうです。

0203-5
この鬼除けディスプレイは非常に古い歴史があるようで、平安時代に書かれた「土佐日記」にはお正月、門口に飾った注連縄(しめなわ)に、柊の枝とボラの頭を刺していた事が記載されているとのことです。(出典:「日本大百科全書 第19巻」)
また、今なお、西日本地域では、節分の日にイワシを食べる習慣が残っているそうです。それにしても、イワシって「魚へんに弱い」と書きますが、強そうなオニに貧弱そうなイワシ(それも臭いで!)で対抗するだなんて・・なんとも不思議な風習ですね。
 
 

節分のニュースタンダード「恵方巻き」

0203-1

さて、長らく魔除け文化が続いて来た節分にも、近年「恵方巻き」というニューブームがわき起こっています。
東京でも、数年前から「節分には恵方巻きを恵方を向いて食べる」という宣伝文句がスーパーやコンビニにあふれるようになりました。
恵方巻きとは、健康や商売繁盛など、願いごとを祈りながらその年の恵方(吉祥方角)を向いて無言で丸かぶりする巻き寿司のことです。食べている途中で口を聞いてしまうと願い事が叶わなくなるというのだから、子供達も食べている時は「話しかけないで!」と真剣です。
 
 
恵方巻きのスタンダードな具としては、かんぴょう、しいたけ、キュウリ、でんぶ、穴子、卵巻き、高野豆腐など具沢山。
確か、子供の頃は恵方巻きなんて食べたことがなかったなあと思っていましたら、大阪の鮓(すし)商組合や海苔問屋組合が「節分の日に恵方巻きを食べて願いを叶えよう」というキャンペーンをはり、コンビニエンスストアが大々的に宣伝・販売したところで全国に急速に広まったようです。
2月と8月はいわゆる「ニッパチの枯れ」と言われ売上が落ち込む時期にあたるため、節分と絡めて仕掛けた販促が大当たり、本当に開運したのはお寿司やさんや海苔やさんかもしれませんね。
 
 
いかがでしたでしょうか。節分について、参考になれば幸いです。
私も今日は恵方巻きを食べてみるとします。ちなみに2016年は南南東を向いて食べると良いのだそうです。